朝、晩のシャンプーで頭皮の清潔は完璧のはずなのに、抜け毛が増えてしまうことがあります。その抜け毛の原因は、さっぱりして気持ちのよい朝のシャンプーにあるのです。朝のシャンプーは時間がなくてしっかりと洗えていなかったり、すすぎ残しがあったりして髪や頭皮を傷めるシャンプー方法になって、抜け毛を起こしてしまうのです。

また、朝起き抜けには頭皮の毛穴が開いた状態になっているので、毛穴が開いたままの時にシャンプーをすることにより毛穴に余計な刺激を与えてしまい抜け毛につながります。過剰に分泌されると毛穴のつまりや地肌の汚れ、抜け毛の原因ともなる皮脂分ですが、適度な脂分は髪を守る庇護膜となり、紫外線から頭皮も守り髪の毛が痛むのを防ぐ効果があります。朝にシャンプーをして脂分を洗い流してしまうと庇護膜を作るのが間に合わず、頭皮にダイレクトに有害な紫外線を浴びて髪を痛め、抜け毛を促進してしまいます。

脂分の庇護膜が間に合わなくても、頭皮を守り、抜け毛を予防するためにはリンスを利用するといいようです。丁寧なケアができずに抜け毛を起こしやすくしてしまう朝のシャンプーですが、どうしても朝、頭を洗わないとすっきりできないという人は、洗い残しやすすぎ残しを起こさないように少し早めに起きてしっかり洗髪するといいでしょう。

ストレスをためない、バランスの取れた食生活をおくる、過度な刺激を頭皮や毛髪に与えないなどの抜け毛予防を行なっていても、抜け毛がなかなか止まらない、そんなときには頭皮マッサージを取り入れてみましょう。頭皮マッサージは抜け毛予防には大きな効果が期待できますが、抜け毛が進み、薄毛の状態にまで進行してしまっている場合には抜け毛改善などの効果は期待薄でしょう。

頭皮マッサージを行なう部分は、男性ホルモンとの関係が深い頭頂部で、抜け毛が特に起こりやすいところです。抜け毛予防の頭皮マッサージの行ない方は、頭頂部を掴むように揉むことを繰り返し、抜け毛の起こりやすい頭頂部を全体的に揉み解していきます。健やかな頭皮は弾力があり柔らかいのですが、抜け毛が起こりやすくなってしまっている頭皮は硬くなっています。頭皮マッサージを続けることで、頭皮が柔らかくなり血流もよくなって抜け毛の症状が改善されます。

抜け毛予防のための頭皮マッサージをする際に気をつけなければいけないことは、決して爪を立ててマッサージをしないことです。爪を立てたり、強く擦ったりするマッサージを行なってしまうと、頭皮が傷ついて炎症を起こし、抜け毛を余計に促進してしまうこともあります。

妊娠・出産を期に抜け毛が増えたと感じる女性が多くいます。特に、産後の抜け毛が増えたと感じる人が多く、抜け毛には女性ホルモンの分泌が大きく関与していると考えられます。

妊娠すると体の中のホルモンバランスが変化し、女性ホルモンの分泌が盛んになるため、髪の毛の寿命が延び抜け毛が減ります。しかし、出産時期が近づくと女性ホルモンのバランスが正常に戻りはじめ、髪の毛の成長がストップし、抜け毛になりやすい状態へと変化していきます。

産後、髪の成長がストップした状態で一定期間髪は生えたままになっていますが、出産から約3~6ヵ月後には毛が抜け始め、抜け毛が一時的に増えます。この頃は、慣れない育児や寝不足なども重なり頭皮にとっても良いコンディションとはいえない時期なので、抜け毛が増えると言うのも仕方のないことのようです。

このような分娩後脱毛症という症状は、妊娠・出産をした人の中でかなりの割合で経験するものなので、抜け毛が多くなったからと言って過度に心配しすぎることはありません。妊娠・出産によるホルモンバランスの変化で起こる抜け毛は、あくまでも一時的に起こっているもので、抜け毛も時間の経過と共に次第に落ち着いてきます。

テレビCMでもおなじみのリーブ21は、抜け毛に悩んでいる人が発毛を実感することができるものです。抜け毛で悩んでいる人を発毛の喜びに導いてくれるリーブ21では、まず、発毛診断を受けて抜け毛の原因を探してもらうことからスタートします。

そして、発毛のための施術を体験し、抜け毛の原因に則した発毛アドバイスにより脱毛予防や抜け毛を起こしにくいヘアケアのアドバイスを受けられます。その後、個々の抜け毛の原因に応じた発毛プランを提示されるので、じっくり検討してから始めることができます。

抜け毛の原因を探し、実際の体験を行なってから入会することのできるリーブ21ですが、それでも一歩が踏み出しにくいと思っている人には、マイリーブ21というサービスも行なっています。マイリーブ21は入会・登録は無料で行なうことができ、抜け毛や発毛についての冊子やDVD、チェックキットなどをもらうことができます。

マイリーブ21会員になってもらえるチェックキットは、気になる抜け毛の原因を見つけることのできるキットで、チェックシートの質問に答えて返送すると抜け毛の原因と対処法を教えてもらえます。まずはマイリーブ21で自分の抜け毛の原因にあったプランをじっくり検討してから、24時間受付の783-640(ナヤミムヨウ)のフリーコールに電話してみるといいでしょう。

男性型脱毛症は、進行型という特徴を持っているため抜け毛が増えている状態のまま放っておくと、数年後にはもう取り返しの付かないことになるかもしれません。男性型脱毛症の抜け毛を促進するものにジヒドロテストステロン(DHT)という物質があります。

男性ホルモンのテストステロンが過剰に分泌されると、毛根の毛包の皮脂腺の部分に存在する5αリダクターゼという酵素が働き、抜け毛を起こすジヒドロテストステロンへと変化します。ジヒドロテストステロンは毛根を傷つけることによって抜け毛を起こします。テストステロンをジヒドロテストステロンへと変化させてしまう5αリダクターゼの働きを抑制することで、抜け毛に対する予防につながります。

抜け毛を起こす5αリダクターゼを抑える男性型脱毛症の治療薬としてフィナステリドというものがあり、皮膚科などで処方してもらうことができます。また、普段、口にする食品の中に含まれる亜鉛(牡蠣や麦に含まれるミネラル)も5αリダクターゼの活動を阻害する働きを持つものなので、抜け毛が気になる人は積極的に摂るようにするといいでしょう。その他に、ノコギリヤシにも抜け毛の症状を改善する効果があることが知られているので、ノコギリヤシのサプリメントを利用することもいいでしょう。

抜け毛でも円形脱毛症や男性型脱毛症は、皮膚で治療することができます。円形脱毛症による抜け毛は、重症になると頭全体の毛髪が抜けてしまったり、眉毛の脱毛も起こったりします。円形脱毛症による抜け毛の症状の軽いものには、塩化カルプロニウムやステロイド剤などの外用薬を使い、グリチロン、セファランチンなどの内服薬が処方されます。重症の場合にはステロイドや免疫抑制剤(自己免疫的要因が考えられるため)の内服を行ない、抜け毛の治療をします。

男性型脱毛症による抜け毛は、男性ホルモンに対する過剰反応により前頭部や後頭部から抜け毛が始まります。この男性型脱毛症による抜け毛に効果のある薬に、フィナステリドというものがあります。この薬は、男性ホルモンの働きを抑える効果のある内服薬で、男性の抜け毛に対してのみ処方される薬です。

女性のまばらに抜けるびまん性の抜け毛に対しては、プラセンタというものを使っての治療が有効だといわれ、内服や注射での治療が行なわれます。女性の抜け毛には、成長ホルモンの減少によって起こるものと同じ症状で甲状腺機能の異常、膠原病などが原因で抜け毛を起こすこともあるため、抜け毛が急に気になりだしたような場合には一度病院で何か病気が隠れていないか検査をしてもらうことも必要でしょう。

気になり始めた薄毛、抜け毛の予防はサプリメントを利用して行なうこともできます。抜け毛や髪のパサつきを改善するサプリメントとしてイノシトールというものがあります。抜け毛予防に役立つイノシトールは水溶性のビタミンB様物質で、オレンジやメロン、小麦胚芽などの食品に含まれています。抜け毛を予防するイノシトールは神経細胞に働きかけることによって頭皮の状態を正常に保ち、抜け毛などの頭皮のトラブルを防いでくれます。

また、頭皮の血行を促進することで抜け毛の予防効果が得られることから、抹消血管の血行と冷え性の改善効果のあるビタミンEやイチョウ葉などのサプリメントを摂ることもいいでしょう。抜け毛の予防だけではなく、育毛のために働くサプリメントとしてマルチビタミンや亜鉛、髪のダメージの改善効果のあるLシステインなども髪にとってよい働きをしてくれます。

その他、男性ホルモンの過剰分泌が原因の男性型脱毛症による抜け毛で悩んでいる人にはフィーバーフューやノコギリヤシがお勧めです。毎日の食事でバランスよく栄養を取ることが難しい場合や、抜け毛にとって効果的な栄養素を効率よく摂取したい時には、手軽に取れるサプリメントの利用は有効な方法だといえるでしょう。

ヘアカラーやスタイリング剤を使い続けることで頭皮が痛み、毛穴のつまりも起こし、合成洗剤は頭皮にとって刺激の強すぎるもののため、頭皮が不健康な状態になり抜け毛や薄毛が促進されます。抜け毛は過剰な刺激や間違ったシャンプーの仕方によって促進されてしまうこともよくあることですが、反対に抜け毛を予防してくれるシャンプーというものも発売されています。

東急ハンズなど有名なショップでも発売されている、株式会社クイーンの「uruotto」も抜け毛を予防してくれるシャンプーの一つです。抜け毛予防に役立つ「uruotto」シャンプーは、無添加天然アミノ酸系のナチュラルホホバシャンプーで、頭皮を健やかな状態に導いてくれます。

いくら頭皮に気をつけていても間違ったケアや過剰な刺激を与えていたのでは、抜け毛を抑えることはできません。健康な頭皮があって初めて抜け毛のない健康な髪が生えることができるのです。その他にも、頭皮を清潔に保ち、潤いを与えてくれる抜け毛予防シャンプーに備長炭シャンプーとリンスがあります。抜け毛を予防してくれる備長炭シャンプーは、炭のミネラルが髪の毛の中に浸透することによって、髪に艶が出て健やかな髪質へと変えてくれます。

抜け毛を起こすAGA(男性型脱毛症)に対して認められた内服薬のプロペシアを使って治療を行なう診療科をプロペシア外来と言います。AGAとは男性ホルモンの影響で起こる抜け毛でのことを言います。

AGAによる抜け毛は、ジヒドロテストステロンと毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体が結合することで毛の成長が止まり、毛が抜けやすくなり起こります。抜け毛治療を行なうプロペシア外来では、内服薬のプロペシアを使って抜け毛の進行を遅らせ、頭髪の状態を維持し髪の毛を増やすことを目的としています。

抜け毛の治療は、抜け毛が気になり始めたらすぐに始めるほうがよく、早く始めるほうが効果も出やすいようです。プロペシア外来の抜け毛治療は、6ヶ月程薬を度飲み続けて行い、抜け毛が減ったかどうかで効果を判定します。飲む育毛剤と言われるプロペシアを、抜け毛で悩んでいる人が6ヶ月以上続けると毛の成長するサイクルが正常に近づき、約90%程度の人が効き目があったと効果を感じることができるようです。

プロペシアは男性型脱毛症の頭頂部に起こる抜け毛に特に効果があるといわれる薬です。そのため、プロペシアは男性型脱毛症以外の抜け毛には効果がなく、抜け毛に悩んでいても、未成年者や女性はプロペシアを処方してもらうことができません。

抜け毛の治療薬として、頭皮につけてマッサージを行なうリアップ(有効成分ミノキシジル)がありましたが、現在ではもっと簡単に取り入れられる内服薬ができています。それは、プロペシア(有効成分フィナステリド)で、もともとは前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として開発されたものですが、副作用として異常発毛が起こったことから、抜け毛治療や発毛剤として使用されるようになりました。

抜け毛治療薬のプロペシアは世界60ヶ国以上で販売されている薬で、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として高い効果を挙げています。抜け毛治療に使われるプロペシアは、薬局などで購入することができるリアップとは違い、医師の処方箋がないと入手することができない医療用医薬品です。

プロペシアは通常、成人男性に1日1錠の処方が行なわれますが、抜け毛の状態、発毛の状態を見て医師の判断により増量されることがあり、上限は1日5錠までと決められています。プロペシアは、抜け毛を少なくし現状を維持してくれるという効果が強く、もちろん髪の毛の量が増えるという効果もありますが、その効果よりも抜け毛防ぐことにより、髪の毛を太く長く育て、薄毛が目立たなくするという感じのようです。

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY